転職活動

転職活動は無職期間が長いと不利?

 

今は無職で転職をしたいんだけど、無職期間は長いと転職に不利になるのかな?どれくらい無職だったら影響がある?

 

  • 記事で分かること
  • 転職と無職期間の関係
  • 無職からの転職を成功させるコツ

 

転職活動は一定の無職期間があると不利になる

残念ながら無職の期間が長いと転職活動が不利になります。そこには採用する企業側の求職者に対する疑問や不安があるためです。

 

何ヶ月無職期間になると転職に影響する?

半年以上の無職期間があると転職に影響が出てくると言われています。つまり半年以内の無職期間なら心配する必要はありません。

なぜなら転職活動にかかる期間は平均で2~3ヶ月と言われており、前職を退職してから次の転職が決まるまでそれくらいの期間がかかると想定すると半年ほどの無職期間は理解が得られやすいです。

しかし、半年以上となると企業側にも疑問が出てきます。

 

無職期間が長くなる理由

以下が無職期間が長くなる主な理由です。

転職したい業界や職種が決まっていなかった

簡単に言うとやりたい仕事が定まっていなかったということです。

また、やりたいことが決まっていないと自己分析、業界研究、企業研究にも時間がかかり、そこから求人に応募して内定をもらうまで時間がかかるので結果として無職期間が長くなります。

 

内定まで時間がかかった

積極的に転職活動はしていたが内定がなかなか貰えず結果として無職期間が長くなってしまったパターンです。

原因として面接対策が不十分だった、内定を貰うのが難しい求人に応募していたなどが考えられます。

 

転職のタイミングが良くなかった

転職は実力と合わせて、縁やタイミングもとても大切です。

企業が採用を積極的に行っていない時期や不景気な時期だと無職の期間が長くなる傾向があります。

 

家庭の事情や病気の治療で時間がかかった

外的要因で無職期間が長くなるパターンです。家庭の事情や病気の治療は主な理由です。

 

無職期間が長いと転職活動が不利になる理由

以下の点が不利になる理由です。

 

働く意欲が無いと思われる

無職期間が長いと働いていないことに慣れていて、仕事のへの意欲も低下しているのでは無いか、ラクな方へ流されているのではないか、採用してもすぐ辞めてしまうのではないか、といった疑問を企業が持つ可能性があります。

 

計画性がなく臨機応変に対応できていないと思われる

無職期間が長いと、計画的に転職活動ができていない、スケジュールに優先順位をつけて柔軟性を持って行動ができていないのはでないかといった評価を受ける場合があります。

 

スキルが低下していると思われる

無職期間が長いほど働いていないのでスキルが低下していると思われることがあります。そのため転職において期待される即戦力として活躍するのが難しいという懸念があります。

 

理由によっては無職期間が長くても転職活動が不利にならない

以下の理由であれば無職の期間が長くても企業から理解を得られる場合があります。

 

資格取得のために勉強していた

次の転職を見据えて積極的に資格取得の勉強をしてたのであれば企業からの評価は高いです。

 

留学や進学

留学であれば言語スキルの向上、進学であれば知識や教養のスキルアップを目的にした無職の期間はポジティブに解釈されます。

次の転職ではどのように活かすことができるのかアピールをすれば評価されます。

 

家庭の事情や病気の治療による無職期間

やむを得ない理由での無職期間を理解を得られやすいです。

家庭の事情では例えば親の介護などがあります。病気の治療もやむを得ない無職の理由になります。

しかし、面接では企業には現在は問題が解決していて働けることをしっかりとアピールしましょう。

 

 

次の転職に向けた無職期間の過ごし方

無職期間が長くなるほど不安が募っていくものです。次のポイントを抑えて有意義な無職期間を過ごしましょう。

 

メンタルのケア

無職期間に1番心配なのがメンタル面です。

無職の状態というのは収入が途絶え、次の転職がいつきまるかわからないという不安もありメンタルを崩しやすいです。無職の期間が長くるほど深刻になりやすいです。

ポジティブに物事を考えたり、家族や友人と話したり気晴らしを積極的に取り入れましょう。

 

メリハリのある生活

無職期間は時間に縛られないので生活リズムが乱れがちです。スケジュールを立て、メリハリのある生活をしましょう。そうすることで転職後に職場に復帰してもキャッチアップがしやすいです。

 

前職のスキルの維持

無職期間が続くほど前職スキルは鈍っていきますので、次の転職が決まるまでスキルの維持に努めましょう。

持っているスキルについての書籍やニュースを読んだり、関連したタスクに取り組むといった工夫が可能です。

 

資格取得や勉強をする

次の転職に役立つ資格の取得や勉強をすることで転職に役立てることができます。資格によって未経験職に転職できる可能性も見えてきます。

 

無職期間が長くても転職を成功させるコツ

無職期間が長くなってしまっても戦略を立てて対策をすれば転職は成功します。無職期間のメリットを最大限に生かして以下のポイントを抑えましょう。

 

無職期間の理由を説明できるようにする

長い無職の後に転職をする時の1番の関門です。採用者は必ず無職期間について疑問に思い、質問をします。

採用側も採用する立場上、不安なのです。しっかりと無職期間の理由について説明できるようにして、採用側の不安を払拭しましょう。

そして前向きでポジティブな回答をすることで内定がもらいやすくなります。

 

自己分析と将来の再設計

無職期間は働いている時よりも時間がありますよい機会ですので自己分析と将来どんな道に進みたいのか見定めましょう。

働きながら転職する人は忙しくてどうしても慌てて転職してしまって後悔することがありますが、そういったリスクを防ぐことができるのが無職期間のメリットです。

 

多くの求人に応募

無職期間が長くて不利になるということはその分、選考が通りにくくなっている可能性もあります。

そして無職でいる強みは時間があることです、より沢山の求人に応募をして面接を受け、その中から自分が本当に納得できる仕事に転職をしましょう。

 

転職活動は転職エージェントを利用するとてもラクになります。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは転職のプロであり、企業側にあなたが無職である理由をフォローして上手にプレゼンをしてくれます。

転職エージェントは無料です。

自分に合った求人を紹介から面接日程調整、履歴書の添削、面接の練習もやってくれますので心強いです。

 

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント

ハイクラス転職に強いです。

>>JACリクルートメントはこちら 

  • doda

幅広い業界をサポート。

>>dodaエージェントサービスはこちら 

  • リクルートダイレクトスカウト

登録するだけでスカウトが届く。

>>リクルートダイレクトスカウトはこちら 

 

 

合わせてオススメ転職エージェントのまとめ記事がありますのでぜひ読んでみてくださいね。

【実際に使って内定取りました】転職サイトおすすめ27選!

 

 

-転職活動

Copyright© タコブロ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.