Google転職

Google(グーグル)のリファラル採用を解説!内定が貰いやすくなる

Googleに転職する方法は複数あります。その一つとしてリファラル採用があります。

この記事ではGoogleのリファラル採用の実態を解説していきます。是非、Googleの転職に役立てて下さい。

この記事は私が2022年から2023年にかけて転職活動をした経験と情報を元に提供しています。Googleも採用面接まで受けました。

またこちらはGoogle転職のノウハウをまとめた完全解説をしています。合わせて読んでみてください。

【まとめ記事】Googleへ転職する方法|完全攻略

 

また、筆者はAmazonの管理職を受けたこともあり、Amazonの面接のコツや体験談を次の記事で紹介しています。

GAFA転職に興味がある人は是非参考にしてみて下さい。

【関連記事】Amazon(アマゾン)の管理職の選考を受けた転職活動体験談

 

  • 記事で分かること
  • リファラル採用について
  • Googleのリファラル採用について
  • Googleでリファラル採用を利用する方法

 

リファラル採用とは

リファラル採用とは、自社の社員から友人や知人を紹介してもらい、採用する方法です。

リファラル採用には、企業にとっていくつかのメリットがあります。

  • ミスマッチが少ない
  • 定着率が高い
  • 採用コストが低い

などです。

 

コネ入社と聞くと馴染みがあるかもしれません。しかしリファラル採用は、候補者も面接といったの採用プロセスを通過する必要があるフェアな採用方式です。

 

Googleのリファラル採用について

まずGoogleへの出願方法は大きく3つあります。

  1. Google公式サイトで応募
  2. LinkedInでGoogleリクルーターからスカウトをもらう
  3. Googleの社員からリファラル推薦してもらう

 

3.Googleの社員からリファラル推薦してもらう方法があり、Googleに勤めている人であれば家族や親族だけでなく、誰にでもリファラル推薦をすることができます。

 

もし、転職エージェント経由でGoogleへ転職したいと考えている方はロバート・ウォルターズがおすすめです。

>>ロバート・ウォルターズはこちら

 

 

Googleのリファラルを利用するメリット

リファラル推薦を利用してGoogleの求人に応募すると選考が有利になります。

明言はされていませんが、リファラルを利用することで書類選考が有利になり、面接に通過しやすくなります

面接のステージからは他の候補者と同等の扱いになり、公平に面接での出来によって採用が決まると言われています。

 

Googleのリファラルを利用する際の注意点

注意点は、応募したいGoogleのポジションと自分の経歴のバックグラウンドが合致している必要があることです。

たとえリファラル推薦をして応募したとしても、自分の経験やスキルとマッチしてない求人であれば書類選考を通過して面接までいくのは難しいです。

リファラルはあくまでも、自分の経歴と求人の募集要項に親和性があり、なおかつ知り合いであるGoogleの社員が推薦してくれるアドバンテージと考えて下さい。

 

Googleのリファラル採用を利用する方法

リファラルを利用するには2つのパターンが考えられます。

  1. 知り合いのGoogle社員にリファラルを送ってもらう
  2. Google社員を見つけてつながる

 

とはいえ身近にGoogleで働いている人がいないのが普通だと思います。

ですのでほとんどの人は2.Google社員を見つけてつながる 方になります。

 

Googleの社員を見つけてつながるのに役立つのがLinkedInです

LinkedInにはGoogleに勤めている人が沢山登録しています。

うまくつながることができればリファラルをお願いできるかもしれません。

 

しかし、必ずしもリファラルしてもらえる保証はないですし、他人とやり取りをするのを抵抗に感じる人もいるのでGoogle社員にアプローチする際は配慮を心がけてください。

 

LinkedInについてや使い方はこちらの記事で紹介しています。

転職にLinkedInはオススメ!企業からスカウトがもらえるかも

LinkedInの使い方

 

Googleのリファラルを利用した時の採用の流れ

1.まず知り合いのGoogleの社員に候補者のメールアドレスなどの個人情報を共有します。

 

2.Googleの社員が推薦者としてその情報を元にリファラルを登録します。

その際に、推薦者は候補者はどれくらい優秀かを数値で評価して登録します。

例えば候補者は現職で社内の上位何%に入る優秀さ、などです。

 

3.その後、候補者のメールアドレス宛にGoogleからリファラルのメールが届きます。「View Invitation To Apply」を選択してリファラルの承諾をします。

 

すると次のようなメールが届き、リファラルを利用した求人応募が可能になります。

メールを受信した日から30日以内に3つまでのポジションにリファラル付きで応募ができます。

すでに求人に応募してしまっていて後からリファラル登録した場合は、メールを受信した日から遡って30日以内に応募したものであれば同じようにリファラルが反映される仕組みとなっています。

 

4.「EXPLORE OPEN ROLES」を選択して求人を探して応募を完了させます。

応募の際には英語の履歴書(Resume/CV)がを提出する必要がありますので予め英語の履歴書を作成しておきましょう。

 

その後、Googleの方で審議がされ、書類選考が通過すればGoogleのリクルーターから連絡が来ます。そしてカジュアル面談からの面接に進んで行きます。

もし、なにも連絡がこなった場合は残念ながら見送りという形です。

また、リファラル採用を利用した採用プロセス上の合否は推薦者であるGoogle社員の人にも通知が行く設定になっています。

 

まとめ:Googleのリファラルは転職を成功させるために非常に役立つ

Googleのリファラル採用は、Googleの求人に直接応募するよりも内定率が上がることがわかりました。

また、リファラル採用はあくまでもGoogle社員からの推薦書であり、内定を保証するものではありません。

そして応募する求人と自分の経歴の親和性もしっかりと見極めましょう。

最後に、Googleのリファラルを利用するためには、あらかじめGoogleの社員とつながることが大切です。

日頃からLinkedInなどを利用してビジネスネットワークを構築していきましょう。

 

現在、転職を考えている人は以下の転職エージェントがおすすめです。

転職目的に合わせてバランスよく紹介しました。

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント

ハイクラス転職に強いです。

>>JACリクルートメントはこちら 

  • ビズリーチ

ハイクラス転職に強く、登録するだけでスカウトが来るタイプです。

>>ビズリーチはこちら

  • リクルートエージェント

求人の種類と数は業界一です。キャリアドバイザーが履歴書添削や面接の練習もしてくれます。

>>リクルートエージェントはこちら 

 

 

以下はリクルートエージェントの特徴や使い方を解説しています。自分に合ったエージェントを使ってみてくださいね。

リクルートエージェントの効果的な使い方

 

外資系企業で英語力を鍛えて仕事を頑張りたいという人は転職エージェントのロバート・ウォルターズもオススメです。

>>ロバート・ウォルターズはこちら

 

【関連記事】Google(グーグル)の年収を徹底解説

【関連記事】Google(グーグル)の面接完全攻略

【関連記事】Google(グーグル)転職の難易度

【関連記事】Google(グーグル)は第二新卒でも転職できる!実体験あり

【関連記事】Googleに転職は未経験でもできる?大事なポイントを解説

【関連記事】Google(グーグル)へ転職するには英語ができないとダメ?2つのポイントが大切

【関連記事】Google(グーグル)を扱う転職エージェントを見つけました

-Google転職

Copyright© タコブロ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.